読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりLOG

最後のゆとり世代がゆとりある生活を 東京にて一人暮らし中の男子大学生が自分らしい生き方を探す

JINSでメガネを買ってきた

 

現在

自分は外ではコンタクト

おうちではメガネという生活を送っている

 

メガネをかけたのは小学5年生からで

当時流行っていたニンテンドーDSマリオカート

夜になっても布団の中でやりすぎたためか、

お受験で、お勉強を頑張ったためである

 

自分でもよくわからないがいつの間にか気づいたら目が悪くなっていた

 現在使っているメガネは3代目で

今回購入したJINSで高校生のときに買ったものだ

今のメガネの不満

 

  1. 外ではあまりよく見えない(度数不足)
  2. 本当の色がわからない(PCレンズのせい)

 

この不満のすべてがこのメガネの作った理由にある

その理由とは

 

"東進衛生予備校で快適に授業を受けるため"

 

であった

3年前のことであるが、東進に通っていた

東進のいろんな先生の授業をPCで見るのだが、

やはりPCのせいか目がすぐに疲れる

コンタクトで通ってた自分は通い始めて2ヶ月ほどで視力がかなり落ちた

そのため、程よい度数で疲れないメガネがJINSのPCメガネだった

それからは、極端に視力が落ちることもなく、受験生活が終わった

 

どういうメガネが欲しいのか?

前に作ったメガネを作った理由のほぼ逆である

  1.  外でもよく見える!
  2. PCレンズ(ブルーライトカット)なんていらねぇ!

外で使えるメガネ!

外出の際はコンタクトと先ほど述べたが、

誰とも会わない時なら全然メガネでも気にしない

朝は移動だけってときにコンタクトをするのは疲れる

あと今のメガネは度数が低くて目が覚めにくく、

朝だらだらするってことが多い

 

PCレンズはいらない

PCレンズとは皆様ご存知の通り

パソコンやスマホから出る疲れの原因となるブルーライトを遮るレンズである

しかし、PCレンズは青色をカットする分色温度が上がり黄ばむ

青空が青くないのだ

写真やってる身として本当の色が見えないなんて致命的だ

ブログを書くとか、表計算を使うとかならPCメガネは凄く役に立つと思うが

写真編集のような色に厳しい作業をしていると、

本当の色がわからなくなって、結局裸眼で見ることになっていた

 

この条件に合ったメガネをJINS 吉祥寺ダイヤ街店で買ってきた

 

まず、フレームを決める

別に今までのと見た目が変わらなくても良かったので

同じようなフレームにした

他社製のフレームでも今までのフレームでもレンズだけ変えたかったら

¥5000+税 からある

 

そして、視力測定をする。

店員に前のメガネを渡し、度数を分析してもらう

新しくする度数を調整して最終的に決める

そしてお会計

 7900+税

うん、安い

 

平日ということもあり、

お会計してから出来上がるまで30分かからなかった。

外観

そして新しいメガネがこちらだ

www.jins.com

古いのが左側、新しいのが右側

うん、対して変わっていない

変化を恐れるのが人間だ、しょうがない

 

 

 古い方は鼻あての部分が一体型でも透明のパーツであったが、

お店では黒一色でチープな印象のが多くなっていた気がする

なので同じような形で鼻の部分が透明になっているメガネを購入した

パーツになっている分耐久性が気になるところだ

 

JINS Designed inTokyo

 

かけ心地

とくに耳に当たって痛いとか、ずれるとかは無く

AIRFRAMEで軽くストレスもない

何よりよく見えて本当の色がわかり気持ちが良い

 

最後に

まだ慣れるまで時間はかかりそうであるが、

コンタクトにしなくても外で気持よく歩けるっていうのが大きい

 

ただ、カメラを撮るときはプラスティック製のレンズのため傷がつきやすいという

外で写真を撮るときやバイトのときは、コンタクトにして

ブログ書くときはPCレンズが楽で良し

使い分けれるようになって快適になった

 

まぁ、将来おじいさんになったらガラスのメガネが良いかなって思う

老眼も進んでるだろうし、かっこいいメガネしたいね、うん(笑)

 

JINS

JINSとは編集

 
広告を非表示にする