ゆとりLOG

最後のゆとり世代がゆとりある生活を 東京にて一人暮らし中の男子大学生が自分らしい生き方を探す

小川山Boulder&Camp

みなさん夏休みいかが、お過ごしでしょうか

二日間長野県の川上村にある小川山の廻り目平キャンプ場でキャンプと外岩を楽しんできました

 

 

東京から高速で中央道にて須玉ICから向かう約4時間のアクセスです

ベースキャンプを張りまずはクジラ岩へ

 

クジラ岩

10級から2段まであり

小川山で人気の岩です

10級からアップをし、

3級の穴社員をさくっと

 

そして二段の穴社長にトライするけど敗退

保持力全然ないなーって実感

 

そしてエリアを移動し

林の中のボルダーの岩の塊へ

6級からあり外岩初心者でも楽しめる岩でした

成果は4級オンサイトぐらいなかなか高度感のある課題だった

 

登っていると岩に夢中になって写真がなかなか撮れなくなるのがちょっと悲しい

そんなこんなでベースキャンプに戻る

 

晩ごはんはパエリア

そこそこ美味しく出来ました

 

そこで日が落ちてくると、

ランタンで優しく照らす

オイルランタンでこのくらいの明かりが談笑するにはちょうどよかった

 

キャンプの楽しみといえばやはり星!

雲が去ると満点の星空が目の前に

Sigmaのf2.8通しのレンズで撮ったが、少し物足りない

 

Sigma 30mm f1.4で星を取ると綺麗に天の川まで写ってくれた

このレンズを持ってきて心から良かったと思いました

 

2日目は石楠花遊歩道エリアへ

 

アプローチを失敗し車道まで出てしまったけれど

ゆっくり戻ると岩を発見

 

眠り岩の10級でアップし

一筆岩へ移動

3級が異常に悪かったけれど外の岩のグレードはこんなものなのか

4級はスタートが悪かったぐらいで後はビシバシ行けて楽しい課題であった

 

マントルが下手なのはご愛嬌

 

流れ岩へ移動し

1級の流れの中にをトライ

手に足の乗り込みムーブで核心部はあっさりクリア

マントル?が出来なくて落ちた

二トライ目で登れてホッとした

 

2段の大いなる河の流れにトライ

あー、悪い悪い

スローパーの保持も出来ない、ピンチも苦手

しかも長いっていう(笑)

通えば落とせる気がするけれど

それまでに指を鍛え直さないといけない...

 

そして2日間の行程は終了

渋滞の中東京へ帰りました

 

外岩はやっぱり楽しいです

ジムにはない1mmの粒に乗ったり、岩独特の形状に悩まされたり

外岩登りにいかないとなーって思いました

そして、写真もまだ下手だなーって実感します

写真も岩もたくさん練習していきたい!

広告を非表示にする