ゆとりLOG

最後のゆとり世代がゆとりある生活を 東京にて一人暮らし中の男子大学生が自分らしい生き方を探す

宇宙と芸術展を観に行った!

どうも、ここ2週間バタバタしてました

東京⇛大阪⇛東京⇛京都⇛大阪⇛広島と大移動してましたゆとりです

時間的にゆとりができたので更新します(笑)

 

六本木ヒルズ森美術館で開催中の「宇宙と芸術展」に足を運びました

成り行きは

 

ゆとり:暇だからどこかいこうぜ! という無茶振り

 友達:六本木の美術館に行ってみたいんだよね

ゆとり:(美術館!?面白いんか...まぁ、すること無いし...)よし、いこう!

 

というわけで、友達に誘われて

美術館ド素人のゆとりが行ってきました

 新宿から大江戸線で六本木へ

しばらく歩くとどーん

六本木ヒルズの森タワー

 

3Fでチケットを買い(一般¥1600,学生¥1100,子供¥600)

53Fまでエレベーターで一気にいきます


この芸術展では

セクションが4つに分かれていてそれぞれテーマがあります

 

SECTION1

人は宇宙をどう見てきたか?

SECTION2

宇宙という時空間

SECTION3

新しい生命観-宇宙人はいるのか?

SECTION4

宇宙旅行と人間の未来

 

素人目線でうぉーって思った作品を紹介します

 

ビョーン・ダーレム《ブラックホール(M-領域)》

ブラックホールを中心に回る銀河系を表したものだとか

 

コンラッドショウクロス《タイムピース》

秒分時を刻む3つのライトが針を照らし、時間を表現しているらしいです

動いてる姿はメカメカしくて、映画の中にいるみたいでずっと見ていて飽きませんでした

一番お気に入りの作品

 

パトリシア・ピッチニーニ《ザ・ルーキー》

きもかわいい?のか

女の子,アルマジロ,サッカーの靴底を合わせた作品です

造りはすごく精巧で皮膚感がよく再現されていて今にも動き出しそうで少し怖かった(笑)

 

チームラボ《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく - Light in Space》

たくさんのプロジェクターにより周り360°、床に投影された映像を楽しむことが出来ます

入った瞬間体がふわっとする感覚が!面白い体験が出来ました!

 

www.youtube.com

 

これらの作品以外にもたくさん面白く、興味深い作品があります

ぜひ足を運んでみてください

作品でお腹がいっぱいになりました(笑)

 

ちなみに+500円で屋外の展望台もいけます!

 スカイツリーより開放感があって楽しいかも

広告を非表示にする